www.comeriohartford.com/

ビタミンCとアルブチン

 

最近は美白の効果と言うか美白成分が多様化してきている様に思えます。
が、実際はこの二つの成分が台頭し合っているだけの様相です。

 

美白成分として良く知られているのがビタミンCですが、まだ美白成分としての地位を確立していなかったころに比べると、格段にその機能は向上しています。
少し前まではただのビタミンC誘導体が主流でしたが、最近は安定型ビタミンC誘導体やビタミンCナノカプセルなどに進化しています。問題が発生しましたらライスフォースで検索してみましょう。

 

 

一方、ここ数年美白成分として注目されているのがアルブチンです。
アルブチンは桃の葉などに含まれている有効成分で、α型とβ型と二種類あります。
両社とも美白に効果を発揮するのですが、効果の持続性が若干違う程度の違いです。

 

ただ、この両方共の成分を配合した美白化粧品をあまり見かけない所から、もしかしたら成分が拮抗してしまうのかも知れません。
実際良かれと思って色々配合した化粧品が、使ってみると全く効果を実感出来ない事もあるので、ビタミンCとアルブチンを共に高配合した商品が無いのかも知れません。